好きを究めて知を生み出す

NEWS お知らせ

2018年度NEST成果発表会を実施しました

小中学生のための研究所NESTでは、2018年度の研究成果を発表する場として、NEST成果発表会を実施しました。
100名を超える参加者の前で、第一期生ドクターコース受講生が7分間の口頭発表を、第二期生マスターコース受講生が1分間のピッチを行いました。
ドクターコースの口頭発表では、4名のゲストアドバイザーからの7分間の質疑応答もあり、第一線で活躍する研究者、技術者から、貴重な意見やサポートの申し出、激励の言葉をいただきました。
口頭発表の後、45分間のポスター発表も実施し、ゲストアドバイザーや他受講生との研究ディスカッションを行いました。
その後、修了式を行い、最後にお菓子懇親会を経て、閉会となりました。
ご参加いただいたみなさま、誠にありがとうございました!



参加者
参加児童・生徒(発表者・聴講者合わせ) 60名
保護者 58名
ゲストアドバイザー 4名
外部アドバイザー 3名
スタッフ 10名
合計 135名

また、NESTでは、連携企業を募集しております。新たな次世代教育にご興味あるかたはお気軽にご連絡ください。
参考資料は以下からダウンロードが可能です。
参考資料ダウンロードリンク(クリックするとダウンロードが始まります)

開催概要
◆ 日時
2019年3月16日(土)13:00-18:50

◆ 場所
Nagatacho GRID 6階 Attic
会場:https://grid.tokyo.jp/event-space/6f
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD 6F Attic
※ 駐輪場や駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

◆ 口頭発表予定テーマ
ドクターコースに所属する小学5年生から中学3年生の研究者が、以下のテーマについて2年間の研究成果を発表しました。

森下 礼智 小学6年生 忘れ物で自信を失う子どもを減らしたい
手に刺激を与えることによりワーキングメモリが改善出来るか
安武 隆眞 小学6年生 水中ロボットでプラスチックによる汚染を止めよう!
浅野 凪 中学1年生 プラスチックゴミ回収のための水中ロボットの作成
後藤 響太 中学1年生 使い捨てプラスチックから海を守ろう
井出 樹男 中学3年生 砂漠環境におけるサツマイモ栽培
大谷 文乃 小学5年生 多葉のクローバーをつくろう!〜最後は世界ギネス記録〜
三輪 一博 中学3年生 ストレスに起因する病気の治療に効果的なアプローチについて
棚橋 一颯 小学5年生 毒の解毒について考える
戸塚 悠汰 中学2年生 ミドリムシの学習能力を探る

◆ ゲストアドバイザー
第一線で活躍する研究者、技術者の方から、研究についてのアドバイスをいただきました。

長谷様慶應義塾大学 教授 長谷耕二 先生
富山医科薬科大学(現富山大学)大学院博士前期課程修了 博士(薬学)
腸内細菌が免疫系に与える影響を解析することで、自己免疫疾患の病態解明と創薬展開を行っている。



内田様株式会社浜野製作所 設計開発部・副部長 内田博也 様
呉工業高等専門学校・機械工学科専攻科卒業(もちろん、高専ロボコン出身)、墨田区の町工場・浜野製作所へ新卒入社。同社へのインターン期間中から等身大ロボ・風神やパーソナルモビリティWHILLの製作に関わり、いまやベンチャーから大企業までメカトロニクスの開発相談を一手に引き受けている。頭も手も動かせる真のエンジニアを目指し、念願だった大人のロボコン生活を謳歌中。趣味はお菓子作り。



井上株式会社リバネス 代表取締役副社長 CTO 井上浄
東京薬科大学大学院薬学研究科博士課程修了、博士(薬学)、薬剤師。リバネス創業メンバー。博士課程を修了後、北里大学理学部助教および講師、京都大学大学院医学研究科助教を経て、2015年より慶應義塾大学先端生命科学研究所特任准教授、2018年より熊本大学薬学部先端薬学教授、慶應義塾大学薬学部客員教授に就任・兼務。研究開発を行いながら、大学・研究機関との共同研究事業の立ち上げや研究所設立の支援等に携わる研究者。




◆ 当日のスケジュール
13:00 挨拶・ゲストアドバイザー紹介
13:10 プレゼンテーション発表(ドクターコース)(1人:15分)
16:10 1分ピッチ(マスターコース)(1チーム:1分)
16:25 ポスター発表(マスター/ドクターコース)
17:25 修了証書授与・総評
18:10 集合写真撮影
18:20 交流会
18:50 全プログラム終了

【お問い合わせ】
株式会社リバネス 教育開発事業部
NEST担当 岸本・立花
[email protected]
TOP